ドン・ハコボ ハコべアルート(サンティア ゴ巡礼路)のワイン

ラ・リオハとは、ワインのみを示す言葉ではありません。リオハワインを特徴づけるいくつもの道と文化の交わる場所、それがここラ・リオハなのです。ラ・リオハ地方を訪れることは、スペイン語の歴史を紐解くことにほかなりません。カスティーリャ語(スペイン語)で記された最初の言葉がサン・ミジャン・デ・ラ・コゴージャのスソ修道院で誕生したことは、知る人ぞ知る事実です。

ラ・リオハ地方を巡ることは、わずか数キロで長年の歴史を探訪することを意味します。ラ・リオハ地方にさまざまな芸術や文化が織りなされている背景には、ここを通るサンティアゴ巡礼路が大きく関与しています。サンタ・マリア・ラ・レアル・デ・ネハラ修道院、カニャス修道院、バルバネラ修道院を始めとする貴重な建造物の数々には、ケルティベリア人から古代ローマ人、イスラム教徒、カスティーリャ国王たちに至る、あらゆる人々がラ・リオハの地に残した足跡を見い出すことができます。

そしてもちろん、ここには皆様のお口を喜ばせるワインの文化があります。ラ・リオハ地方の郷土料理は、スペイン屈指の評判を誇ります。ポテトとチョリソーの煮込み、乳飲みラムチョップの網焼きを始めとするおいしいお料理は、地元の極上のワインと共に供されます。

ワイン、ワイナリー、ブドウ畑に点々と彩られた風景…いずれもラ・リオハ地方ならではの独特のものです。ラ・リオハ地方は扉を大きく開き、訪れる方々をお待ちしています。そして、ボデガス・コラルでは、この地方特有の観光とワインのフュージョンをお客様にお楽しみいただけます。

1ª imagen de la bodega

サンティアゴ巡礼路

ボデガス・コラルは、サンティアゴ巡礼路の北の道とナバラ州を通る道の中軸に位置しています。この地にかつて建てられたサン・フアン・デ・アクレ巡礼病院の遺物は、今日もボデガス・コラルの敷地内に見ることができます。巡礼者たちの行き交うこの土地は、彼らの情報や豊かな知識が交換された、類まれな場所でした。旅人たち一人一人が傾けるうんちくは、ワイン作りの知識をより幅広く深める、貴重な情報源だったのです。

したがって、ボデガス・コラルには、その恵まれた立地条件がゆえに、旅人たちの口伝えで伝承されてきたワイン作りの技術や秘訣が集積されていると言っても過言ではありません。

サンティアゴ巡礼路にもたらされた知識は、ボデガス・コラルが世界の一流レストランにお届けするワインの中に今日も脈々と受け継がれています。

私たちのブドウ畑を知っています

2ª imagen de la bodega

クラシックなリオハワインにかける情熱

秘密と深い沈黙に包まれたラ・リオハ地方では、人々は時の流れとともに、ブドウ畑から繊細な極上のワインを生み出す知恵を培ってきました。 

ていねいに選び抜いたセレクションと、伝統と職人技術に則った厳正な技術。いずれもドン・ハコボがクオリティの極めて高いワインを完成させるのに欠かせない要因でした。クリアンサの極上のワインだけに備わる格別なブーケと繊細さ、まろやかさ。そこには、ラ・リオハ地方のワイン醸造者の絶え間ない努力、細心の注意と蓄積された知識が余すことなく活かされています。 

ドン・ハコボのワイン